2018年7月17日(火)

7/17 0:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 112円台で巨額のドル売り FX投資家の次の一手[有料会員限定]
  2. 2位: 株、景気への期待再び 長期拡大も「今回は違う」[有料会員限定]
  3. 3位: ROICが変える経営[有料会員限定]
  4. 4位: GAテクノの樋口社長「不動産売買、AIで効率化」[有料会員限定]
  5. 5位: 社債大量償還、悩む投資家 超長期債に資金振り分け[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,597.35 +409.39
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,600 +390

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

7月13日(金)14:19

ウォルマート 西友売却「決定していない」[映像あり]

トランプ氏が英との貿易協定に難色 穏健離脱を批判

7月13日(金)13:00

[PR]

業績ニュース

楽天、じわりアマゾンの影 経済圏拡大や広告に活路

2017/11/13 20:30
保存
共有
印刷
その他

 楽天株の上値が重い。日経平均株価が年初から17%高と活況に沸くのに対し、楽天は5%高にとどまる。最大の原因は米アマゾン・ドット・コムとの競争激化だ。楽天市場など国内の電子商取引(EC)の成長鈍化の懸念がぬぐえず、投資家の買い控えにつながっている。

決算発表する楽天の三木谷会長兼社長(13日午後、東京都世田谷区)

決算発表する楽天の三木谷会長兼社長(13日午後、東京都世田谷区)

 13日に発表した2017年7~9月期連結決算(国際会計基準)は純利益が前年同期比86%増の323億円だった。クレジットカードなど金融事業の伸びに加え、出資先の米ライドシェア(相乗り)大手の業績拡大による株式評価益228億円を計上した。

 もっとも、主力の国内EC事業は苦戦する。7~9月期の営業利益は193億円と7%減。取扱高は8559億円と14%増えたが、買い物時に得られる「楽天スーパーポイント」の費用や、個人間の売買を仲介するフリマアプリの宣伝などで先行投資が膨らんだ。

 ポイント拡大やフリマアプリも、アマゾン対抗策の一環だ。三木谷浩史会長兼社長が「楽天を倒すため採算を度外視している」と話すほど、アマゾンは攻勢を強める。モルガン・スタンレーMUFG証券の津坂徹郎氏は「楽天は投資がかさみ、利益成長が鈍化する懸念がある」と指摘する。

 楽天の強みはECや金融、格安スマートフォン事業などを幅広く楽天ポイントでひも付け、利用者を囲い込む「楽天経済圏」だ。ECは営業減益だが、三木谷社長は「その分クレジットカードなどの利用者が増えた。ECの収益は飛躍的には伸びないが、金融などで伸ばせば良い」と話す。

 だが、金融などの利用で得たポイントの使い先はECが中心とみられる。ECの魅力が落ちればポイントをためる必要性も薄れる。楽天もECの集客力の重要性を認識しており米プロバスケットボール協会(NBA)の国内の独占配信権獲得などサービス充実を急ぐ。

 もう一つの活路が広告事業だ。7月に電通と新会社を設立し、広告出稿を募る。クレディ・スイス証券の米島慶一氏は「広告事業の伸びしろはある。成長が確認できれば、上値追いの可能性はある」と話す。

保存
共有
印刷
その他

新着記事一覧

読まれたコラム