2017年12月17日(日)

常設の軍事枠組みで署名、独仏など欧州23カ国

ヨーロッパ
2017/11/13 20:30 (2017/11/13 21:23更新)
保存
共有
印刷
その他

 【ブリュッセル=森本学】欧州連合(EU)加盟28カ国のうち、ドイツやフランスなど23カ国が13日、常設の軍事協力の枠組みの設立に関する共同文書に署名した。今後、EUの閣僚理事会で設立を正式に決め、12月に発足する見通し。軍事関連技術の共同開発などを進め、英離脱で揺らぐEUの結束力を高める。

 常設枠組みは、防衛連携に意欲的な有志国による協力拡大を進めやすくするため、2009年発効の「リスボン条約」に明記。しかし「EU軍」の創設につながると警戒する英国の反対でこれまで実現してこなかった。英国のEU離脱決定を受け、独仏主導で議論が加速。6月のEU首脳会議で創設を目指す姿勢で一致していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

ドイツ政府フランス政府EU軍事枠組み



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報