2018年9月20日(木)

2信組破綻、政治介入呼んだ 西村元大蔵省銀行局長

金融最前線
コラム(経済・政治)
2017/11/14 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 1994年から96年まで、大蔵省銀行局長として不良債権問題に取り組んだ西村吉正氏(76)。当時、国会で大議論になった住宅金融専門会社(住専)処理問題などを手掛けた。

 ――銀行局長時代、政府が住専処理に6850億円の公的資金注入を決めました。

 「戦後長い間、金融行政は政治から距離を置くことを伝統にしていた。金融機関の経営問題は行政に任せ、政治は介入しない。それが私が担当する直前、または担当しはじめ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報