2018年1月18日(木)

1/18 22:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 株、2万4000円を一時上回る 市場関係者の見方[有料会員限定]
  2. 2位: 株続落、高値警戒感が阻んだ2万4000円台乗せ[有料会員限定]
  3. 3位: 伊藤忠の岡藤氏、社長の8年間「上出来やな」[有料会員限定]
  4. 4位: 東証大引け 続落、国内勢が売り 一時2万4000円台まで上昇も
  5. 5位: 日本企業、円高でも「8勝3敗」
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 7,044,547億円
  • 東証2部 105,587億円
  • ジャスダック 119,529億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.46倍 --
株価収益率19.12倍17.40倍
株式益回り5.22%5.74%
配当利回り1.38% 1.46%
株式市場データ

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 23,763.37 -104.97
日経平均先物(円)
大取,18/03月
23,770 -50

[PR]

スクランブル・フラッシュ

フォローする

株、4日続落 「押し目」にも冷めた個人
証券部 野村優子

2017/11/13 15:33
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 13日の東京株式市場で日経平均株価は4日続落。終値は前週末比300円43銭(1%)安の2万2380円99銭と安値引けした。4日続落で押し目のタイミングを虎視眈々(たんたん)と狙ってきた個人投資家の買いは一部で入ったものの、大型株主導で上昇した「株高の恩恵」を受けられていない個人からは冷めた反応も出ている。個人の押し目買いが本格化しないと相場が反転する兆しが見えてこないとの声もある。

 逆張り志向が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップマーケットトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

相場と投資を読み解く

13日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

スクランブル・フラッシュ 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム