2017年11月24日(金)

消された東芝の再生シナリオ、背景に銀行の「変心」
ガバナンスの掟

東芝
コラム(ビジネス)
エレキ
法務・ガバナンス
(1/2ページ)
2017/11/15 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 東芝の半導体メモリー事業の売却先が日米韓連合に決まった。東芝は上場廃止基準に触れる2期連続の債務超過を回避する可能性が出てきたが、上場廃止や法的整理を覚悟の上で半導体メモリー事業を温存して再建を目指す方策もあった。東芝が医療機器、半導体と優良事業を次々と手放さざるを得ない背景には、かつてと様変わりしたステークホルダー(利害関係者)との関係が微妙な影を落としている。

■増資の奥の手

 9日の4~9月期…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報