/

この記事は会員限定です

万博誘致、大阪のライバルは「仏版シリコンバレー」

[有料会員限定]

【サクレー(フランス)=川崎航】2025年の国際博覧会(万博)で、大阪招致を目指す日本は開催国の座を3カ国と競う。最大のライバル、フランスの候補地はパリ近郊サクレー。研究機関や大学などが集まる一帯は「仏版シリコンバレー」とも呼ばれる。「万博を機に経済の中心になる」。研究者らが期待する一方、招致活動を知らない住民も。開催国の決定まで約1年。いかに地元の機運を高めるかという課題を抱える。

海抜約150...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1407文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン