/

この記事は会員限定です

「コト消費」好調、スーパーは苦戦 内需企業の業績明暗

[有料会員限定]

半導体や機械など海外で稼ぐ企業が業績を伸ばす中で、サービスや小売りといった主に国内で稼ぐ企業の業績は明暗が分かれてきた。体験型の「コト消費」の需要は旺盛でテーマパークや映画などは業績が上向き、西日本を中心に訪日外国人の購買意欲も底堅い。一方で人手不足に加え消費者の節約志向は根強く、スーパーなど小売りの一角や運輸業では減益を余儀なくされそうだ。

「海賊の一員になった気分になれるので、ショーを見に何度...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り935文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン