/

この記事は会員限定です

温暖化対策、中印急ピッチ ゴア米元副大統領に聞く

日本は石炭火力支援やめよ

[有料会員限定]

ドイツのボンで開催している第23回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP23)で、温暖化対策の国際的な枠組みである「パリ協定」のルール作りが本格化している。温暖化に警鐘を鳴らし続けてきたアル・ゴア元米副大統領に対策の現状と課題を聞いた。

――パリ協定の発効で世界は変わったか。

「インドや中国の動きが急だ。インドは炭鉱の閉鎖や、新たな石炭火力発電所計画を凍結することを決めた。太陽光発電の大量導入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1296文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません