2018年8月18日(土)

北朝鮮、米大統領演説を非難「核完成へ疾走」
外務省報道官談話「われわれの思想や制度を全面拒否」

2017/11/11 19:00
保存
共有
印刷
その他

 【ソウル=峯岸博】北朝鮮外務省は11日、トランプ米大統領の8日の韓国国会での演説について「われわれの思想と制度を全面拒否する妄言を並べ立て、わが国を悪魔のように見せた」と非難する報道官談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。談話は「核武力建設の偉業完成に向け、より速く疾走する」と警告した。

 同演説への北朝鮮の反応は初めて。トランプ氏は演説で「誰も住むに値しない地獄」「カルト国家」「監獄国家」などと口を極めて金正恩(キム・ジョンウン)委員長体制や北朝鮮の人権状況などを批判していた。

 北朝鮮は談話で「見逃せない」と反発。トランプ氏が「力による平和をめざしている」と軍事行動を排除しない姿勢を示した点についても「米国と力の均衡をつくって自主権と生存権を守ろうとするのがわれわれの立場だ」とし、「悪の帝国である米国との対決で必ず最後の勝利をなし遂げてみせる」と威嚇した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報