/

北朝鮮、米大統領演説を非難「核完成へ疾走」

外務省報道官談話「われわれの思想や制度を全面拒否」

【ソウル=峯岸博】北朝鮮外務省は11日、トランプ米大統領の8日の韓国国会での演説について「われわれの思想と制度を全面拒否する妄言を並べ立て、わが国を悪魔のように見せた」と非難する報道官談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。談話は「核武力建設の偉業完成に向け、より速く疾走する」と警告した。

同演説への北朝鮮の反応は初めて。トランプ氏は演説で「誰も住むに値しない地獄」「カルト国家」「監獄国家」などと口を極めて金正恩(キム・ジョンウン)委員長体制や北朝鮮の人権状況などを批判していた。

北朝鮮は談話で「見逃せない」と反発。トランプ氏が「力による平和をめざしている」と軍事行動を排除しない姿勢を示した点についても「米国と力の均衡をつくって自主権と生存権を守ろうとするのがわれわれの立場だ」とし、「悪の帝国である米国との対決で必ず最後の勝利をなし遂げてみせる」と威嚇した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

緊迫 北朝鮮

金正恩(キム・ジョンウン)総書記のもと、ミサイル発射や核開発などをすすめる北朝鮮。日本・アメリカ・韓国との対立など北朝鮮問題に関する最新のニュースをお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン