2017年11月18日(土)

温暖化対策に積極姿勢、米の自治体や企業 COP23

経済
環境エネ・素材
ヨーロッパ
科学&新技術
2017/11/11 11:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 【ボン=草塩拓郎】ドイツのボンで開催中の第23回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP23)で、米国の自治体や企業、資産家が地球温暖化対策に積極的な姿勢をアピールしている。トランプ政権が国際枠組み「パリ協定」からの離脱を表明し、温暖化対策の交渉で米国の存在感が薄れるなか、自治体などが同政権とは一線を画す動きが鮮明になっている。

 例年、COP会場では主要国の政府がパビリオンを出し、温暖化対策や最…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報