2017年11月22日(水)

APEC首脳会議が開幕 自由貿易での協調焦点

政治
2017/11/10 22:37
保存
共有
印刷
その他

 【ダナン=地曳航也】21の国・地域でつくるアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議が10日夜、ベトナムのダナンで開幕した。保護主義的な政策を掲げるトランプ米大統領が初めて参加するなか、これまで推進してきた自由貿易を巡り、どう協調できるかが焦点となる。域内の持続的成長に関しても協議し、11日に首脳宣言を採択して閉幕する。

アジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議が開幕した=ロイター

アジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議が開幕した=ロイター

 安倍晋三首相は会議で自由貿易を積極的に進める立場を改めて表明。米国を除いた11カ国による環太平洋経済連携協定(TPP)の早期発効を訴える。一方で、模造品やダンピングなど市場をゆがめる貿易慣行の是正を求め、不公正貿易を批判するトランプ氏に配慮する。

 9日まで開かれたAPEC閣僚会合では、閣僚声明案の文言を巡って紛糾した。米国以外の国は自由貿易体制の堅持と推進を訴えたのに対し、米国が難色を示したという。トランプ米政権は保護主義的な動きを強め、多国間の貿易枠組みよりも、2国間の貿易関係を重視する姿勢を鮮明にしている。

 首脳会議ではトランプ氏本人を迎え、どう成果を打ち出すかが課題となる。日本は「自由貿易の旗手として、アジア太平洋地域の自由で公正な通商ルールづくりを主導したい」(外務省幹部)との立場。首脳らがトランプ氏を説得できるかが注目される。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報