/

清水寺、紅葉と美しさ競う 11日からライトアップ

京都市東山区の清水寺で10日、夜間特別拝観が11日から始まるのを前にライトアップの試験点灯があった。半世紀ぶりの檜皮(ひわだ)屋根ふき替えのため、巨大な鉄板屋根やシートで覆われた「清水の舞台」の周囲を、赤や黄色にほのかに色づいたモミジが彩った。

京都・清水寺で行われたライトアップの試験点灯(10日)=共同

清水寺によると、見ごろは11月下旬ごろ。約500基のライトが境内のモミジ約千本を照らし、上空には本尊の観音菩薩(ぼさつ)の慈悲を表す青いサーチライトも照射された。

特別拝観は11日~12月3日。午後5時半に点灯し、午後9時まで入場できる。拝観料は大人400円。小中学生200円。工事期間中も参拝できる。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン