2017年11月22日(水)

JR西日本広島支社、広島駅の新幹線コンコースをリニューアル

中国・四国
2017/11/11 1:31
保存
共有
印刷
その他

 JR西日本広島支社は10日、広島駅2階の新幹線のコンコースを改装すると発表した。大幅な改装は1975年に岡山―博多間が開通し、山陽新幹線が全面開業して以来となる。待合室を増やして座席数も1.5倍近くにするほか、Wi―Fiが使用できるモバイルコーナー、キッズコーナーなども設ける。11月末に工事に着手し、2019年度末の完成を見込む。

JR広島駅の新幹線コンコースの完成予想図

 10日の定例記者会見で伊勢正文支社長は「開業当時に比べて古めかしくなっており、のぞみが停車する他の駅では既に先進性あるデザインに変更してきている」と話した。10月29日に全面開業した自由通路や、商業施設「ekie」(エキエ)とも調和を図るデザインに仕上げる。

 2階の新幹線コンコースを全館空調にして快適性を高めるほか、待合室は1カ所から3カ所に増やし座席数は100弱から1.5倍近く増やす。待合室の隣に店舗を配置したり、軽食も食べられるようにすることで利便性の向上を図る。工事期間中は作業用の足場を設置したり、一部の店舗を閉店するなどする。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

伊勢正文新幹線コンコースJR西日本広島駅



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報