/

この記事は会員限定です

脂乗った「八戸前沖さば」いまが旬

飲食業で高評価

[有料会員限定]

青森県八戸市の八戸港に水揚げされる「八戸前沖さば」が旬を迎えている。その魅力を全国に発信しようと、市内の水産関係者などでつくる協議会は11月末まで「八戸前沖さばまつり」を開催中だ。数あるブランドサバの中では後発だが、脂の乗りは日本一といわれ、飲食業界での評価は年ごとに高まっている。

八戸市の物産市場「八食センター」で5日、前沖さばのアイデア料理コンテストがあった。65作品の応募があり、書類審査を通...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1172文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン