2017年11月19日(日)

ハラダ製茶、穀物茶に本格参入 島田市に焙煎工場 

南関東・静岡
2017/11/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 製茶大手のハラダ製茶(島田市)は穀物や豆で作る茶の生産に本格参入する。約5億円を投じて島田市に焙煎(ばいせん)用の工場を建設、黒豆茶やそば茶などを製造する。主力の緑茶で培ったノウハウを活用して生産品目を拡充し、OEM(相手先ブランドによる生産)供給の拡大を図る。

 月内に完成予定の新工場は、黒豆やそば、玄米などを乾燥させて遠赤外線で焙煎し、ティーバッグ向けに製品化する。生産能力は毎時800キログラ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

商品化ハラダ製茶伊藤園



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報