2017年11月21日(火)

山形大の学生、「球形体温計」を特許出願

北海道・東北
2017/11/10 22:00
保存
共有
印刷
その他

 球形体温計で特許出願――。山形大学は「熱伝導部材を含む脇体温計」を学生が考案し、特許を出願したと発表した。発明したのは工学部2年の中山良太さん。授業の一環で、文部科学省・特許庁などが主催するパテントコンテストに応募し、出願支援対象に選ばれた。弁理士の指導を受けながら、出願手続きまで自力でやり終えた。

山形大の中山さんが特許出願した「脇体温計」の内部構造

 発明した体温計は(1)脇にあてやすいよう形状が丸形(2)表面はシリコンゴム製で、内部に熱を伝える金属粉を混ぜ、中心部に熱感知センサーと通信を制御するマイクロコンピューターを入れる構造(3)検温終了を振動で知らせる――特徴をもつ。

 中山さんは「先端部分で測る棒状体温計は脇にきちんとはさむ必要があるなど、少し不便な点を改良しようとした」と考案のきっかけを話す。その上で「柔らかく丸い形ならずれにくく、全体で測れる」と利点を指摘する。

 現在はアイデア段階で試作品もこれからだが、無線でスマホに表示することなども想定する。スマートヘルスケア商品として興味・関心を持つ企業の力を借りて製品化したい考え。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

中山良太球形体温計山形大学特許庁文部科学省



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報