2017年11月18日(土)

行徳近郊緑地、野鳥が集う「都会の楽園」

南関東・静岡
2017/11/11 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 千葉県市川市の行徳近郊緑地にはうっそうと茂る木々や湿地が広がり、様々な生き物がすみ着いている。冬場はシベリアから暖を求めるカモやカモメが多く飛来し、「都会のオアシス」は一段とにぎわいを増す。

 緑地は千葉県が管理する行徳鳥獣保護区と宮内庁の新浜鴨場で構成し、敷地面積は83ヘクタールに及ぶ。ともに一般の入場は規制しているが、鳥獣保護区は日曜・祝日に園内観察会を開き、都会の住民が自然と触れ合う機会を設…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ

関連キーワードで検索

山口誠野鳥千葉県宮内庁



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報