/

この記事は会員限定です

「認可外も無償化対象」 政府方針に波紋広がる

[有料会員限定]

政府は幼児教育の無償化の対象として、認可外保育所の一部も含める方針だ。対象から外す方向で検討してきたが、これでは自民党が掲げるすべての3~5歳の子どもを無償化する公約と整合性がとれなくなるとの判断がある。厚生労働省には保育所整備について、国の基準を満たす認可保育所への転換を促してきた経緯がある。アクセルとブレーキを同時に踏むような政策は、場当たり的との批判を受けそうだ。

認可保育所は、国の基準を満...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り553文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン