2017年11月22日(水)

三村高志氏ら3人に京都賞の授賞式 稲盛財団

関西
科学&新技術
2017/11/10 19:21
保存
共有
印刷
その他

 稲盛財団(京都市)は10日、科学や文明の発展に貢献した人物に贈る京都賞の授賞式を京都市内で開いた。富士通研究所名誉フェローで半導体工学者の三村高志氏ら3人にそれぞれ賞金5千万円とメダルを贈呈した。

三村高志氏(左)ら2017年の京都賞を受賞した3氏

京都賞の授賞式(国立京都国際会館)

 三村氏は新構造の高電子移動度トランジスタ(HEMT)を発明し、情報通信技術の発展に貢献した。「私一人の力ではなく周りのサポートが大きかった」と話した。

 気候変動の分析に広く利用されている光合成の機能モデルを開発したオーストラリア国立大学特別教授のグレアム・ファーカー氏は「研究がきっかけで京都議定書が採択された第3回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP3)に出席した。また京都に来ることができてうれしい」と喜びを語った。

 音楽学者でカリフォルニア大学バークレー校名誉教授のリチャード・タラスキン氏は「作曲家らと(京都賞の受賞で)名を連ねられたことがうれしい」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報