2017年11月19日(日)

タカタ、27日までに再生案提出 近く米社とスポンサー契約で最終合意

自動車・機械
2017/11/10 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 民事再生手続き中のタカタは米同業のキー・セイフティー・システムズ(KSS)と近くスポンサー契約で最終合意する見通しだ。11月27日までに再建スキームをまとめた再生計画案を東京地裁に提出し、その後の債権者集会で同案が認められれば、タカタは2018年春をメドにKSSにほぼ全ての事業を15億8800万ドル(約1800億円)で譲渡する。

 KSSは事業買収が完了すればエアバッグとシートベルトの分野でそれぞ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ

関連キーワードで検索

経営再建タカタKSSオートリブ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報