/

この記事は会員限定です

管理職の過半、兼業・副業に意欲 政府系人材会社が意識調査

[有料会員限定]

政府系人材派遣会社の日本人材機構(東京・中央)が東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県の企業の管理職を対象にした意識調査を実施したところ、兼業・副業が許された場合に「取り組むことができる」との回答が51.5%に上った。兼業などで月に1~2回、地方企業の業務支援をすることについても管理職の約6割が「やってみたい」と答えた。

調査は1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り166文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン