2017年11月20日(月)

管理職の過半、兼業・副業に意欲 政府系人材会社が意識調査

経済
2017/11/10 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 政府系人材派遣会社の日本人材機構(東京・中央)が東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県の企業の管理職を対象にした意識調査を実施したところ、兼業・副業が許された場合に「取り組むことができる」との回答が51.5%に上った。兼業などで月に1~2回、地方企業の業務支援をすることについても管理職の約6割が「やってみたい」と答えた。

 調査は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報