2017年11月19日(日)

コンビニ3社、10月既存店減収 セブン63カ月ぶりマイナス

食品・サービス
2017/11/10 18:52
保存
共有
印刷
その他

 コンビニエンスストア大手3社が10日発表した10月の国内既存店売上高は、全社が前年同月比で減収となった。セブン―イレブン・ジャパンは2012年7月以来、63カ月ぶりに前年実績を下回り、ローソンファミリーマートも客数が減った。大型台風や長雨の影響があった。

 セブンは既存店売上高は0.5%減で、客数は4.5%減少した。一方、1人あたりの購入金額を示す客単価は4.2%伸びた。雨の影響で、近くのコンビニで食品と日用品をまとめて購入する顧客が増えたという。卵やティッシュ、トイレ紙など1人あたりの購入数が前年に比べ増えたことで客単価が伸びたが、客数の減少を補えなかった。

 ローソンは既存店売上高が4%減、客数は5%減った。客単価は1.2%増で、セブンの伸びに比べ小幅にとどまった。ファミリーマートの既存店売上高は1.2%減、客数は4.8%減、客単価は3.6%増だった。

 11月以降の売り上げにについてセブンは「客足が戻り堅調に推移している」という。ローソンは10月末におにぎりを全面刷新し、売り上げ増を狙う。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報