2017年11月22日(水)

ミタル、純利益が77%増 7~9月期

環境エネ・素材
ヨーロッパ
2017/11/10 19:00
保存
共有
印刷
その他

 【フランクフルト=深尾幸生】世界鉄鋼最大手の欧州アルセロール・ミタルが10日発表した2017年7~9月の決算は、純利益が前年同期比77%増の12億500万ドル(約1360億円)だった。利払いが減った。売上高は21%増の176億3900万ドル、営業利益は2%増の12億3400万ドルだった。堅調な鋼材需要で販売数量と単価がともに増えた。

 期中の粗鋼生産量は前年同期比4%増の2360万トン。単価は15%上昇した。とくに主力の欧州では1トンあたりの平均販売価格が723ドルと前年同期より2割上昇し、営業利益を押し上げた。一方、北中米とブラジルは回復を続けていた平均価格が4~6月と比べ下がった。

 ラクシュミ・ミタル最高経営責任者(CEO)は声明で、市況や需要の先行きについて「事業環境は引き続きよくなる」と楽観的な見方を示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報