2018年10月21日(日)

DRAM大口、10月3%高 NANDは高止まり

2017/11/10 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

半導体メモリーの代表品種、DRAMの価格が上昇している。指標品であるパソコン用DDR3の4ギガ(ギガは10億)ビット品は、10月の大口価格が前の月と比べ3%高い1個3.5ドル前後。2年7カ月ぶりの高値となっている。データセンターのサーバーに向けた受注が積み上がるなか、新型スマートフォン(スマホ)の生産が本格化して不足感が強まった。

DRAMの需要はスマホや家電製品の生産が増える秋以降に高まる傾向…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報