2017年11月21日(火)

中国新車販売、2%増、10月
商用車は好調 5カ月連続で前年上回る

中国・台湾
2017/11/10 18:03
保存
共有
印刷
その他

 【北京=多部田俊輔】中国汽車工業協会は10日、10月の新車販売台数が前年同月比2.0%増の270万3500台だったと発表した。5カ月連続で前年同月実績を上回った。乗用車は微増にとどまったが、商用車は石炭などの堅調な物流需要に加えて過積載などの取り締まり強化が追い風となって2ケタ増と好調だった。

 乗用車の販売台数は0.4%増の235万2500台。大手メーカーが積極的に新車を投入している多目的スポーツ車(SUV)が13.9%増の102万台で、国内市場を支えた。セダンは5.4%減の110万台。商用車は14.8%増の35万1100台。

 メーカー別でみると、米ゼネラル・モーターズ(GM)が10.7%増の38万2700台。低価格ブランドのSUVが好調だった。独フォルクスワーゲン(VW)もSUVが好調で9.2%増の30万3800台だった。米フォード・モーターは5.0%減の10万5800台だった。

 米軍の地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)問題で販売不振に陥っている韓国・現代自動車は23.4%減の12万2500台。4~6月は月間5万台まで落ち込んだが、10月は前月とほぼ同水準で回復の兆しが見えている。

 日本勢では日産自動車ホンダトヨタ自動車の大手3社がそろって2ケタ増と好調だった。中国勢ではボルボ・カーを傘下に持つ浙江吉利控股集団が30%増、長城汽車は3%増だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報