2017年11月22日(水)

希望共同代表に玉木氏 党結束が課題に 野党連携には慎重

政治
2017/11/10 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 希望の党は10日、都内で開いた両院議員総会で、国会議員団を率いる共同代表に玉木雄一郎衆院議員を選出した。共同代表選で戦った大串博志衆院議員に大差をつけたが、憲法改正や安全保障政策、野党連携の姿勢で違いが浮き彫りとなった。小池百合子代表(東京都知事)は国政から距離を置くとみられ、路線対立がくすぶる党内をどうまとめるか玉木氏の手腕が問われる。

 玉木氏は10日の両院総会で「国民に寄り添い、地に足のつい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

玉木雄一郎小池百合子大串博志長島昭久希望の党



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報