2018年7月21日(土)

税負担軽減を明記 都が国際金融都市構想を発表

2017/11/10 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 東京都は10日、アジアでナンバーワンの金融都市をめざす「東京版金融ビッグバン」(国際金融都市構想)を発表した。フィンテックなど金融関連企業の税負担軽減を明記。都税だけでなく国税の引き下げもめざす。ただ、税制見直しには都庁内にも慎重論が残り、国税部分は政府・与党の協力が必要。12月にまとまる2018年度税制改正大綱での扱いが焦点だ。

 構想は金融系企業の東京進出を促すビジネス環境の整備を大きな課題に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報