2017年11月20日(月)

名古屋の女性強殺で無期確定 被告が控訴取り下げ 

中部
社会
2017/11/10 20:45
保存
共有
印刷
その他

 名古屋市西区の住宅で会社役員、長谷川槌子さん(当時84)が殺害され現金が奪われた事件で、強盗殺人や非現住建造物等放火などの罪に問われ、一審・名古屋地裁で無期懲役を言い渡された住所不定の無職、落合勝大被告(31)が控訴を取り下げた。9日付。一審判決が確定した。

 一審判決によると、落合被告は昨年6月5日、長谷川さん宅に侵入し、現金約140万円を盗んだ。同28日にも約40万円を奪い、長谷川さんの首を絞めて殺害した上、布団などに火をつけ、遺体や建物を焼いた。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

落合勝被告控訴取り下げ名古屋地方裁判所



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報