/

加計理事長がコメント 「世界に冠たる獣医学部めざす」

学校法人「加計学園」(岡山市)の加計孝太郎理事長は10日、文部科学省の大学設置・学校法人審議会が同学園の岡山理科大の獣医学部新設を認めるよう答申したことを受け「世界に冠たる獣医学部を目指して、努力に努力を重ねていきたい」などとするコメントを発表した。

政府による特別扱いなど、野党が追及した疑惑には直接触れなかったが「紆余曲折(うよきょくせつ)を経て、今回の答申にようやくたどり着いた。万感胸に迫る思い」と記した。

コメントでは、学園創立者である父親の思いを継いで傘下大学に動物関連の学科設置を進めてきたとし、岡山理科大の獣医学部の設置は「国際的に通用する人材を養成するため」と強調した。

認可までの経緯を「13年以上にわたって構想実現に取り組み、愛媛県、今治市とともに構造改革特区で15回、国家戦略特区で1回の計16回に及ぶ申請の結果、ようやく答申が発表された」と振り返った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン