2017年11月22日(水)

プロ野球

大谷、大リーグ挑戦へ 日本ハムがポスティング認める

2017/11/10 15:11
保存
共有
印刷
その他

 プロ野球日本ハムの竹田憲宗球団社長は10日、東京都内で記者会見し、大谷翔平選手(23)が今オフにポスティングシステムを利用して米大リーグへ移籍することを認めると発表した。10日に大谷選手と面談し、本人から大リーグに挑戦したいと申し出があった。

プロ野球日本ハムの大谷翔平選手(2016年12月、千葉県鎌ケ谷市)

プロ野球日本ハムの大谷翔平選手(2016年12月、千葉県鎌ケ谷市)

 AP通信などによると、日本野球機構(NPB)と米大リーグ機構(MLB)が行っていたポスティングシステムに関する改定交渉で、今オフは現行ルールを継続することで大筋で合意に達した。現行ルールでは日本の球団は譲渡金の上限を2千万ドル(約23億円)に設定し、支払う意思のある全ての大リーグ球団が選手と交渉できる。現行のポスティングシステムの下では、ヤンキースの田中将大投手(元楽天)やドジャースの前田健太投手(元広島)が移籍している。

 大谷選手は2013年、岩手・花巻東高からドラフト1位で日本ハムに入団。投手と野手を両立する「二刀流」で育成され、15年に15勝。16年はいずれも規定未満ながら投手として10勝4敗、打者として打率3割2分2厘、22本塁打の成績を残し、投打の大黒柱としてチームを日本一に導いた。同年のクライマックスシリーズでは日本球界最速の165キロをマークし、パ・リーグの最優秀選手(MVP)にも選ばれた。オフの契約更改で球団側は大谷選手が希望する時期での大リーグ移籍を容認していた。

 今季は右足首の故障などの影響で出場機会が大きく減ったが、それでもシーズン中には大リーグの各球団関係者が来日し、大谷の登板日を視察していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球コラム

17年ドラフト会議

プロ野球 一覧

 ポスティングシステムを利用して米大リーグ移籍を目指す西武の牧田和久投手(33)が21日、東京都内で取材に応じ「容認してもらえたのはありがたく思うし、向こうでやるからにはしっかり結果を残したい」と球団 …続き (21日 22:30)

 楽天は21日、西武を戦力外となった渡辺直人内野手(37)を獲得したと発表した。背番号は26。8季ぶりの古巣復帰となり「また仙台でプレーできる機会をいただき、大変ありがたく思う」と球団を通じてコメント …続き (21日 20:38)

 プロ野球新記録となる54セーブを積み上げ、ソフトバンクを日本一に導く原動力になった。抑え投手としては1998年の佐々木(横浜、現DeNA)以来となる栄誉を、シーズンの締めくくりに手にしたサファテは「 …続き (20日 23:17)

ハイライト・スポーツ

[PR]