2017年11月23日(木)

独アウディ、水力発電のエネルギーで合成燃料を生産

科学&新技術
BP速報
2017/11/10 23:00
保存
共有
印刷
その他

日経テクノロジーオンライン

 ドイツAudi(アウディ)は、ドイツの化学企業Ineratecとスイスの電力会社Energiedienst Holdingの協力の元で、スイスのアールガウ州ラウフェンブルグに合成燃料「eディーゼル」の試験生産工場を建設する計画を2017年11月8日に発表した。同工場は年間40万リットルの合成燃料を生産する予定。

 ドイツではドレスデンにもAudiのeディーゼル試験生産工場があり、2014年からエネルギー技術会社のsunfireと協力して、eディーゼルを生産している。ラウフェンブルグ工場は2番目のeディーゼル生産工場となる。

 eディーゼルは、水を電気分解して酸素と水素に分け、水素と二酸化炭素(CO2)を化学反応させて作られる。どちらの工場もこの原理を用いているが、生産技術は異なる。ラウフェンブルグ工場では、新技術によりコンパクトな生産設備で製造するため、より経済的になった。

 水を電気分解するための電力は水力発電で賄う。この水力発電による電力をeディーゼル燃料にすることで、再生可能エネルギーを貯蓄できるようになる。電気分解で得られたH2とCO2を逆水性ガスシフト反応器内で合成ガスに変換し、フィッシャー・トロプシュ反応を用いて鎖式炭化水素を作る。最終的にeディーゼルとワックスが生成される。副産物のワックスは、化粧品や化学製品などの原料として他の業界で利用する。

 3社はこれから数週間で施設の計画を提出し、2018年初頭から工場の建設を始める。建設後、2018年中に生産を始める予定。

(日経テクノロジーオンライン 櫛谷さえ子)

[日経テクノロジーオンライン 2017年11月10日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報