2017年11月18日(土)

60日挑発自粛なら対話か 米、北朝鮮の姿勢様子見

トランプ政権
政治
朝鮮半島
2017/11/10 10:42
保存
共有
印刷
その他

 【ワシントン=共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は9日、国務省のジョセフ・ユン北朝鮮担当特別代表が、北朝鮮が核・ミサイルの実験を60日間凍結すれば、米朝対話に応じる考えを10月末に示していたと報じた。米政府当局者はティラーソン国務長官の考えと一致すると指摘している。

 北朝鮮が最後に実験したのは9月15日。北海道上空を通過する弾道ミサイルを発射した。ただ「60日」は北朝鮮側から凍結の意思表示を受けてから数え始めることにしており、北朝鮮側の連絡を待っているという。

 ユン氏は10月30日にシンクタンク、外交問題評議会で開かれた会合で発言した。オフレコ扱いだったが、複数の出席者が同紙に証言した。

 国務省のナウアート報道官は9日の記者会見で「今は対話の時ではない」と述べ、米政府の対話の条件は北朝鮮側が非核化の意思を真剣に示すことだと説明した。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報