2017年11月19日(日)

漂流の焦りから妥結、TPP11「米復帰の土台できた」

政治
2017/11/10 1:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 環太平洋経済連携協定(TPP)11カ国による大筋合意の交渉過程では、加盟国最大の経済規模である日本が主導的な役回りを演じた。TPP離脱後、2国間主義を掲げアジア通商の枠組みを大きく揺さぶるトランプ米政権。もし今回合意を逃せば「多国間で質の高い枠組みを目指す通商戦略がドミノ倒しになる」という強い焦りが、土壇場で日本や各国の妥協を後押しした。

 「自由で公正なルール作りに大きな意義がある」「米のTPP…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報