2017年11月19日(日)

2期目の習近平外交、米との「大国関係」に自信

トランプ歴訪
中国・台湾
2017/11/10 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 【北京=高橋哲史】9日の米中首脳会談から見えてきたのは、10月の中国共産党大会をへて国内で1強体制を固めた習近平(シー・ジンピン)国家主席が、米国と対等に渡り合う「大国外交」に自信を深める姿だ。米企業との約2500億ドル(28兆円)におよぶ商談をぶら下げ、米中のトゲになっている貿易不均衡の問題でトランプ米大統領の攻勢を封じた。

 トランプ氏は会談の冒頭で「米中関係ほど重要なテーマはない」と語った。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報