2017年11月19日(日)

北朝鮮問題で中ロに「特別な責任」 NATO事務総長

ヨーロッパ
2017/11/9 23:30
保存
共有
印刷
その他

 【ブリュッセル=森本学】北大西洋条約機構(NATO)は9日、2日目の国防相理事会をブリュッセルで開いた。ストルテンベルグ事務総長は閉幕後の記者会見で、北朝鮮の核・ミサイル問題を巡って、国連安全保障理事会の常任理事国で、北朝鮮の隣国でもある中国とロシアが「特別な責任を持っている」と強調。両国が制裁を約束通りに実行することが、北朝鮮の核・ミサイル開発を止めるうえで不可欠だと訴えた。

 理事会は8日から2日間の日程で開催。9日は治安が悪化するアフガニスタンに駐留するNATO部隊に3000人を増派することも決めた。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

NATO北朝鮮問題ブリュッセル



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報