2017年11月19日(日)

サイバー攻撃対策共同で 山口FGや百十四銀など

金融機関
中国・四国
2017/11/9 22:10
保存
共有
印刷
その他

 山口フィナンシャルグループ(FG)や百十四銀行が参加するChance地銀共同化行は9日、サイバー攻撃への対応組織を共同で設立したと発表した。国内外で金融機関や個人を狙ったネット上の攻撃が急増しており、連携体制を早期に構築し、情報交換を強化する必要があると判断した。

 山口FG、百十四銀行、めぶきフィナンシャルグループ十六銀行南都銀行は、三菱東京UFJ銀行の勘定系・情報系などの基幹システムを基に構築した「Chance地銀共同化システム」を共同利用している。今回は、セキュリティーに関わる事件への対応組織「Chance―CSIRT」を1日付で設立した。

 これまで各行で実施していたサイバー攻撃対策や情報収集活動について、今後新組織で相互に協力していく。情報や知見を共有するほか、安全性確認のための共同事業も検討する。基幹システムで協力関係にある三菱東京UFJ銀が持つ同様の組織「MUFG―CERT」とも連携する。

 具体的には三菱東京UFJへの人員派遣やセキュリティー関連のセミナー、ワークショップへの参加、専門的な人材育成などに取り組む。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報