2017年11月24日(金)

壊したスマホ、証拠逃さぬ 「八百長」暴いたデータ復活

コラム(ビジネス)
スタートアップ
ネット・IT
科学&新技術
2017/11/10 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 もし、悪事を働いた証拠を隠そうとしてスマートフォン(スマホ)を壊しても、徒労に終わる公算が大きい。なぜなら「デジタルフォレンジック」と呼ばれる技術を持つスタートアップがいるからだ。AOSリーガルテック(東京・港)では、警察や検察などから依頼を受け、被疑者のスマホやパソコンを分解している。

■力士たちのメール明るみに

 東京・神谷町にあるAOSリーガルテックの本社。工具を手にした男性がスマホを前に腕を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報