2017年11月24日(金)

韓国「日本の問題提起は不適切」 米大統領に「独島エビ」提供

トランプ歴訪
政治
朝鮮半島
2017/11/9 20:58
保存
共有
印刷
その他

 【ソウル=鈴木壮太郎】韓国外務省は9日、7日に訪韓したトランプ米大統領との歓迎夕食会に元従軍慰安婦の女性が出席し、島根県・竹島の韓国呼称を冠した「独島エビ」が提供されたことに日本政府が不快感を示したことについて反論した。「メニューと招待対象は諸要素を総合的に勘案して決定した。このような事案に問題を提起するのは適切でない」と日本側に伝えたと明らかにした。

 9日付の韓国大手紙、東亜日報によると、夕食会のメニューを総括した韓国料理店の代表は、食材に独島エビを選んだ理由を「トランプ大統領の好物であるロブスターに食感や味が似ているため」と説明した。独島エビには鶏エビ、桃花エビなど多くの名前があり「多様な名前を青瓦台(大統領府)に伝えた。最終的に『独島エビ』の名称に決めたのは青瓦台だ」と語った。

 夕食会に出席した元従軍慰安婦の女性は経済紙、ヘラルド経済の電話取材に夕食会に招待された経緯を語った。「(日本からの解放記念日の)光復節行事のさい(文在寅=ムン・ジェイン大統領夫人の)金正淑(キム・ジョンスク)さんに、『一度必ず青瓦台に呼んでください』とお願いしていた。それを忘れないでいてくれた」という。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報