2019年9月16日(月)

希望共同代表10日に選出 玉木、大串両氏が論戦 憲法・安保と違い

2017/11/9 22:54
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

希望の党は9日、都内の憲政記念館で共同代表選挙に立候補した玉木雄一郎、大串博志両衆院議員による討論会を開いた。争点である憲法改正や安全保障政策、野党連携のあり方を巡り論戦を交わし、両氏の違いが浮き彫りとなった。共同代表選は玉木氏がリードし、10日に投開票する。共同代表は小池百合子代表(東京都知事)とともに党の立て直しを図る。

玉木、大串両氏の違いが鮮明になったのは、民進党時代から意見が割れた憲法…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。