2017年11月20日(月)

荒川ブランドを発信 東商支部と区が産業展刷新

東京
2017/11/9 22:00
保存
共有
印刷
その他

 東京商工会議所荒川支部と東京都荒川区は11日と12日、地元企業の製品の魅力を発信する催し「荒川モノづくり技あり市」を開く。例年3月に開く区産業展を全面刷新した。地元生まれの高付加価値品を「スタイル・エー」と名付けてブランド化し、内外に売り込む場とする。地元の製造業支援という原点に戻り、販路開拓や知名度向上を後押しする。

石川金網が手掛ける金網でつくられた折り紙「おりあみ/ORIAMI」

 技あり市には荒川区内に拠点を置く企業を中心に約40社が参加する。石川金網は金網でつくった折り紙「おりあみ/ORIAMI」を、日興エボナイト製造所は天然ゴム原料のエボナイトを使った万年筆を展示・販売する。

 両日とも午前10時から午後4時まで日暮里サニーホールで開く。入場は無料。来場5000人を見込む。東商担当者は「産業展は物産市や祭りの色合いが強くなっていたが、ものづくりに特化した地元ブランド発信の場に衣替えしたい」と話す。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報