/

この記事は会員限定です

所得税改革 3年程度かけ実現 宮沢自民税調会長が意向

[有料会員限定]

自民党の宮沢洋一税制調査会長は9日、日本経済新聞のインタビューで改めて所得税改革への意欲を示した。今後3年ほどかけて実現を目指す。各種控除を見直して所得の再分配を強化するほか、多様な働き方を税制面で後押しする狙いもある。ただ、高額所得者の負担が重くなりすぎると働く意欲をそぐ懸念もある。納税者の財布に直結するだけに丁寧に議論を進める。

宮沢氏は「今年は基礎控除と給与所得控除の見直しを議論する」と表明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り774文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン