2017年11月21日(火)

病院ごみ分別不要に 村田機械系が新システム

自動車・機械
2017/11/9 22:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 ■村田機械子会社の日本シューター(東京・千代田) 帝人などと共同で、使用済み注射器やガーゼなど感染性廃棄物の新たな回収処理システムを開発した。従来使い捨てだった回収容器を再利用する国内初の仕組み。ごみの分別が不要になり、病院の業務安全確保や処理費用削減に役立ちそうだ。

 感染性廃棄物は注射針などの鋭利物と、ガーゼなど通常の固形物に分かれる。鋭利物は感染の危険性が特に高いため、分厚いプラスチックでで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報