2017年11月21日(火)

アフガン駐留部隊、3000人増派へ、NATO国防相

ヨーロッパ
2017/11/9 18:07
保存
共有
印刷
その他

 【ブリュッセル=森本学】北大西洋条約機構(NATO)は9日、2日目の国防相理事会をブリュッセルの本部で開いた。治安情勢が悪化するアフガニスタンに駐留するNATO部隊に3000人を増派し、1万6000人前後にすることを決める見通しだ。

 NATOのアフガン駐留部隊はすでに戦闘任務を終えており、現在は約1万3000人がアフガン軍の訓練や支援業務を担う。増派する約3000人のうち約半分は米軍になる見込みだ。ストルテンベルグ事務総長は8日、「訓練業務に専念する」と述べ、増派後も引き続き戦闘には参加しない方針を強調した。

 理事会は8日の夕食会で北朝鮮の核・ミサイル開発問題を巡る情勢も協議した。事務総長は夕食会を前に記者会見で「外交による平和的な交渉による解決に向けて、北朝鮮への圧力が必要だ」と訴えた。NATOは北朝鮮問題を「グローバルな脅威」と位置づけ、関与を強める方針だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

NATO駐留部隊ブリュッセル



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報