2017年11月19日(日)

中国恒大集団、株式売却で1兆300億円を調達

中国・台湾
2017/11/9 23:00
保存
共有
印刷
その他

 ■中国恒大集団(中国の不動産大手) 子会社の恒大地産集団の株式を売却し、600億元(約1兆300億円)を調達したと発表した。買い手は家電販売の大手、蘇寧雲商集団の関連会社(1社)及び山東高速集団を含む6社。

 恒大集団は6日に証券取引所に提出した報告の中で、売却した株式が恒大地産の拡大株式資本の14.11%に当たることを明らかにした。

 恒大地産による資金調達はこれで今年3回目。蘇寧と山東高速は今回、それぞれ200億元を出資し、株式を取得する。恒大集団は3回の資金調達で恒大地産の拡大株式資本の約36.54%を売却、合計1300億元を調達した。恒大集団は子会社の凱隆置業を通じて恒大地産の残りの株式を保有している。恒大集団は恒大地産が同グループの子会社としてとどまると述べた。(ニッケイマーケッツ)

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

株買い取り中国恒大集団株式売却蘇寧雲商集団



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報