2017年11月24日(金)

タイのアマタ、周辺国で工業団地相次ぎ開発
ベトナム、ミャンマーは来年、ラオスでも事業化調査

住建・不動産
東南アジア
2017/11/9 23:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 タイで工業団地を開発・運営する最大手のアマタ・コーポレーションは2018年、周辺国での工業団地の開発に乗り出す。ベトナムで2カ所、ミャンマーで1カ所着手するほか、ラオスへの進出を目指し、事業化調査を始めた。労働力が豊富で賃金も安い周辺国へ工場をつくる動きが日系やタイ企業の間で加速するとみてメコン経済圏全域に工業団地を展開する。

 アマタのヴィクロム・クロマディット最高経営責任者(CEO)が日本経済…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報