/

東電、AIで送電線の異常を自動診断

東京電力ホールディングス傘下の送配電事業者東京電力パワーグリッド(PG)は9日、送電線の異常を人工知能(AI)で診断するシステムを開発すると発表した。人が目視で確認していた作業を自動化し、作業時間を半分以下に短縮する。

東電PGがテクノスデータサイエンス・エンジニアリング(東京・新宿)と共同でシステムを開発する。2018年度上期の運用開始をめざす。

山間部や高所などにある送電線の異常はヘリコプターから撮影した映像をスローモーションで再生し、人が目視で確認している。そのため年1330時間の作業時間がかかっていた。

システムはAIに5年分のデータを学習させ、撮影した送電線の映像から雷が落ちた跡や溶けている箇所を自動で発見する。報告書も自動で作成できる。作業時間の短縮で年数千万円のコスト削減につなげる。

東電PGはドローン(小型無人機)で送電線を撮影した映像についてもAIで自動診断できるようにすることをめざす。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン