2017年11月19日(日)

東電、AIで送電線の異常を自動診断

環境エネ・素材
AI
2017/11/9 16:30
保存
共有
印刷
その他

 東京電力ホールディングス傘下の送配電事業者東京電力パワーグリッド(PG)は9日、送電線の異常を人工知能(AI)で診断するシステムを開発すると発表した。人が目視で確認していた作業を自動化し、作業時間を半分以下に短縮する。

 東電PGがテクノスデータサイエンス・エンジニアリング(東京・新宿)と共同でシステムを開発する。2018年度上期の運用開始をめざす。

 山間部や高所などにある送電線の異常はヘリコプターから撮影した映像をスローモーションで再生し、人が目視で確認している。そのため年1330時間の作業時間がかかっていた。

 システムはAIに5年分のデータを学習させ、撮影した送電線の映像から雷が落ちた跡や溶けている箇所を自動で発見する。報告書も自動で作成できる。作業時間の短縮で年数千万円のコスト削減につなげる。

 東電PGはドローン(小型無人機)で送電線を撮影した映像についてもAIで自動診断できるようにすることをめざす。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報