2018年1月18日(木)

1/18 12:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 米国株、反発 ダウ322ドル高で初の2万6000ドル台、主要3指数が過去最高値
  2. 2位: 今年も続く「対アマゾン」レース[有料会員限定]
  3. 3位: 東証寄り付き 反発 一時2万4000円台回復 米株高や円安好感
  4. 4位: ゴールドマン、6年ぶり赤字 17年10~12月期
  5. 5位: 東証10時 堅調、電気機器に買い続く 高値警戒感も
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 7,095,827億円
  • 東証2部 105,767億円
  • ジャスダック 120,224億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.47倍 --
株価収益率19.26倍17.52倍
株式益回り5.18%5.70%
配当利回り1.37% 1.45%
株式市場データ

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 24,039.38 +171.04
日経平均先物(円)
大取,18/03月
24,030 +210

[PR]

スクランブル・フラッシュ

フォローする

株2万3000円超え 「売り方」のむ買いの大波
証券部 嶋田有

2017/11/9 13:49
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 9日の東京株式市場では日経平均株価が一時、前日比468円33銭(2%)高の2万3382円15銭まで上昇し、1992年1月以来、約25年10カ月ぶりに2万3000円台の大台を回復した。前日にわずかながら下げたことで、いったん調整かと思われたタイミングでの急騰。その背景には、下げ局面での利益を狙う「売り方」が買いの大波に急速にのみ込まれる需給面の変化がある。

 「かなりの『踏み上げ』が発生している」(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップマーケットトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

NY市場の動き

相場と投資を読み解く

9日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

スクランブル・フラッシュ 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム