2017年11月19日(日)

首相、中ロ首脳と会談へ 東南アジア訪問

政治
2017/11/9 11:59
保存
共有
印刷
その他

 菅義偉官房長官は9日午前の記者会見で、安倍晋三首相が9~15日の日程でベトナムとフィリピンを訪れると発表した。アジア太平洋経済協力会議(APEC)と東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の首脳会議に出席する。現地で中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席やロシアのプーチン大統領とも個別に会談し、挑発行為を繰り返す北朝鮮への対応を話し合う。

安倍晋三首相、中国の習近平国家主席=共同

安倍晋三首相、中国の習近平国家主席=共同

 菅氏は日中首脳会談について「来年は日中平和条約締結40周年という節目の年だ」と指摘。「日中関係改善の進め方や北朝鮮問題について意見交換する」との見通しを示した。日ロ首脳会談では北朝鮮問題に加え、北方領土での日本とロシアの共同経済活動が議題となる。

 首相はAPECにあわせて10日に開催する環太平洋経済連携協定(TPP)首脳会合にも参加する。米国を除くTPP11カ国は閣僚間で調整が進んでいる。菅氏は「アジア太平洋地域の自由貿易、経済成長をけん引すべく議論を主導していきたい」と語った。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報