2017年11月21日(火)

広島大教授、暴行で罰金 「科学界のインディ」

社会
2017/11/9 11:59
保存
共有
印刷
その他

 生物学者で広島大(同県東広島市)の長沼毅教授(56)が学生を暴行して負傷させたとして、東広島区検から傷害罪で略式起訴され、東広島簡裁が罰金30万円の略式命令を出していたことが9日、分かった。命令は1日付。

 長沼教授は微生物などの研究で極地に出向き、「科学界のインディ・ジョーンズ」として多くのテレビ番組に出演している。

 広島大によると、教授は3月に研究室に所属する男子学生と口論となり学生の足を払って3週間のけがをさせた上、顔に唾を吐きかけた。他の学生にも暴言を繰り返すなどしており、7月に休職6カ月の懲戒処分を受けている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

インディ・ジョーンズ長沼毅広島大学



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報