2017年11月19日(日)

旅行収支の黒字、過去最大に 4~9月経常黒字11.7%増

経済
2017/11/9 11:08
保存
共有
印刷
その他

 財務省が9日発表した2017年4~9月の国際収支統計(速報)によると、海外とのモノやサービスなどの取引状況を表す経常収支は11兆5339億円の黒字だった。前年同期に比べて11.7%増え、黒字額は上期としては07年度以来10年ぶりの高水準だった。海外からの配当金が増えたほか、訪日外国人の増加で旅行収支の黒字が過去最高となった。

 9月単月の経常黒字は前年同月比21.8%増の2兆2712億円だった。

 4~9月期は、海外企業から受け取る配当金や投資収益を示す第1次所得収支が前年同期比12.4%増の10兆3823億円だった。このうち、企業が海外子会社から受け取る配当金などの直接投資収益の黒字が26.0%増の4兆8696億円だった。前年同期と比べて円相場が対ドルで5.5%程度下がり、ドル建ての収益の円換算額が伸びやすかった。

 輸送や旅行、金融といったサービス取引の収支を示すサービス収支は5764億円の赤字だった。赤字幅は上期としては最も小さかった。知的財産権等使用料の受け取りなどが増えた。

 サービス収支のうち旅行収支の黒字は25.0%増の8429億円で、半期ベースでの過去最大を更新した。訪日客の日本での消費が増え、黒字幅が拡大し続けている。上期として旅行収支が拡大するのは6年連続だ。日本政府観光局(JNTO)によると、4~9月の訪日外国人旅行者は19.9%増の1466万人で過去最高だった。

 輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は前年同期と比べて9.3%減の2兆6869億円の黒字だった。輸入額・輸出額ともに前年同期を上回ったものの、輸入が輸出よりも大きく伸び、黒字幅は縮小した。原油価格が前年同期と比べて20%程度上昇し、輸入額の伸びにつながった。輸出はアジアや米国向けが好調で、品目では自動車や半導体などが増えた。

 国内に入ってくるお金が出ていく分より多ければ、経常収支は黒字になる。11年度以降、東日本大震災後の原子力発電所の停止に伴って火力発電所で使う化石燃料の輸入が急増し、経常黒字は急激に落ち込んだ。

 07年度上期には12兆円を超えていた経常黒字は12~13年度には2兆~3兆円台にまで減っていた。14年度ごろから黒字幅の伸びが目立っている。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

経常黒字黒字旅行収支



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報